目的別きもの早見表

きもの選びの、あんなとき・こんなとき。

「結婚式に招待されたときの着物は?」「パーティーにお呼ばれしたときは?」「普段着の着物でのオススメは?」など、きもの選びは迷いがつきものです。

シーン別にオススメの着物をご紹介しますので、迷ったときに参考にしてください。

結婚式のきもの

結婚式の場合、新郎新婦との関係性や、既婚か未婚かで変わってきます。また挙式スタイルが和風であれ洋風であれ、着物は第一の正装であり、着物で出席されるととても喜ばれるものです。是非、自信をもってお召しになってください。

親族として出席

新郎新婦の母親や親族は、黒留袖が一般的です。未婚の姉妹や親族の場合、色留袖も華やかです。

招待客として出席

招待客の場合、既婚女性は訪問着が良いでしょう。未婚女性も訪問着を着用できます。また、華やかに振袖を着用するのも好まれます。

成人式のきもの

入園式・入学式のきもの

お子様の大切な晴れの日は、明るい色合いの訪問着が良いでしょう。付け下げや、背紋の入った色無地も問題ありません。目立たず品良く見られる古典柄がオススメです。

卒業式のきもの

着物に代表される和装は、卒業式という門出にふさわしい装いです。主役だけでなく、お母様も着物を着ることで、お世話になった先生方に例を尽くした装いとなります。

主役

最近では卒業袴が一般的ですが、振袖での出席も勿論OK。成人式の振袖を使って、袴のみ別途用意するという方法もあります。

母親

入学式同様、訪問着付け下げ背紋の入った色無地が良いでしょう。上品で、比較的抑えた色味だと、目立ちすぎることもありません。

七五三のきもの

子どもの成長を、着物と共に祝う七五三。お子様は初めての着物や袴を、お母様も合わせて着物を着ると、人生の節目として良い思い出になります。

お出かけのきもの

観劇やコンサート、同窓会、街で出歩くような気軽なお出かけには、小紋がオススメです。ちょっとしたおしゃれ着として着用できます。